てきすと

こんなトリックだ!!

背中側のオブジェクトにデッキの腹を乗せて滑ります。

スライドトリックの基本技です滑りにくい縁石でも、この技ならよく滑るので、ストリートでも活用しやすいトリックといえます。

トリックメイク時の連続写真−スケボー/スケードボードの技

b/s ボード スライド上:スケボー/スケードボード

b/s ボード スライド中:スケボー/スケードボード

メイクの最重要ポイント

上半身を開いたまま下半身を90度回しアウト!

レールから抜けるときは、上半身が進行方向を向いたままの姿勢を保ち、下半身だけを右手側に90度回しましょう。肩や腕を少しでも右手側に振ってしまうと、その分だけ遠心力が大きくなり回りすぎてしまいます。その結果、安定した着地ができずにデッキがぶれて、見事に転倒してしまいます。

アクションの確認

1.スタンス

普通にオーリーをするよりも広めのスタンスです。前足をノーズ側のビスの上くらいに置きましょう。

2.エントリー

ノーズを背中側に振りながらオーリーします。前足はノーズの付け根、後ろ足はテールの上に置いた状態で、デッキの腹でレールに乗ります。

3.スライド

両足のかかとに均等の体重を掛けて、進行方向にデッキを押しながらバランスを保ちます。

4.アウト

上半身を進行方向へ向いたまま、下半身を右手側に90度ひねります。ノーズを進行方向に向けてレールから降りましょう。

ミニアドバイス

「デッキを掛けた瞬間、前につんのめってしまう」場合、体重をつま先に掛けているかと思います。レールに乗ったら、両足のかかとでデッキを進行方向に軽く押せば安定すると思います。

▲ TOPへ戻る ▲