バックサイド・フィーブル・グラインド (b/s FEEBLE GRIND)トリック−スケボー/スケードボードの技

てきすと

こんなトリックだ!!

ノーズが背中側のレールを越えてエントリーし、ノーズよりもテールを下げて、テール側のトラックで滑るのがバックサイド・フィーブル・グラインドです。

b/s 50-50をやろうとして失敗して、この技になってしまうこともあります。

トリックメイク時の連続写真−スケボー/スケードボードの技

b/s フィーブル グラインド上:スケボー/スケードボード

b/s フィーブル グラインド中:スケボー/スケードボード

メイクの最重要ポイント

テール側のトラックを角に合わせる!

まずは、テール側のトラックをカーブに乗せます。このとき、トラックのかかと側がカーブの角に接地するようにします。トラックがカーブの真上に乗ってしまったり、トラックのつま先側がカーブに掛かってしまうと、アンバランスな状態になり、ノーズから滑り落ちやすくなります。

アクションの確認

1.スタンス

少し広めのスタンスで構えて前足はデッキからかかとを少しはみ出します。

2.エントリー

オーリーしてノーズがレールを越えてから、レールの角に、テール側のトラックをカーブの角にフィットさせます。

3.グラインド

後ろ足に重心を置いたまま、ノーズをレールの高さよりも(ノーズよりも)下げてグラインドします。

4.アウト

レールの切れ目にさしかかったら、テールに体重を掛けます。ノーズを持ち上げ、腰を右手側にひねりながらレールから降りましょう。

ミニアドバイス

「バックサイド・フィーブル・グラインドはどんな練習から始めるのかわからない」場合、まずb/sボード・スライドの練習をオススメします。できるようになったらテール側のトラックをカーブに当てる練習をしてみましょう。

▲ TOPへ戻る ▲