フロントサイド・リップ・スライド (f/s RIP SLIDE)トリック−スケボー/スケードボードの技

てきすと

こんなトリックだ!!

お腹側(フロントサイド)にあるカーブやレールに対して、オーリーでテールをまたいでデッキの腹部でレールを滑るトリックです。

又の名をf/sディザスタースライドと呼びます。

トリックメイク時の連続写真−スケボー/スケードボードの技

f/s リップ スライド上:スケボー/スケードボード

f/s リップ スライド中:スケボー/スケードボード

メイクの最重要ポイント

身体とデッキをレールの真上に移動させろ!

このトリックをマスターするカギは、レールに入る前のオーリーに隠されています。テールが離れることのない、安定感のあるオーリーをして、レールの高さを超えなければなりません。その動作を誤って、後ろ足が離れるとレールの上に身体が乗らなくなってしまうので注意しましょう。

アクションの確認

1.スタンス

高いオーリーをするときのスタンスです。前足はデッキの中心度に置きましょう。

2.エントリー

レールに対して角度を付けて近づき、f/s 180の回転を90度のところで止めます。レールの真上に来たところでデッキを下ろします。

3.スライド

レールがデッキの中心に来るようにします。パワースライドの感覚で両足のつま先に力を入れましょう。

4.アウト

レールから抜けるときは、腰を使ってデッキを進行方向に向けましょう。足の力だけで戻そうとすると、バランスを崩してしまうので注意が必要です。

ミニアドバイス

「オーリーはレールを越えるくらい上がるがレールを滑れない」場合、高くオーリーすることに気をとられ、力んでしまっているからだと思います。f/s 180の回転を90度の辞典で止めることを体得して下さい。

▲ TOPへ戻る ▲