フロントサイド・ケー・グラインド (f/s K GRIND)トリック−スケボー/スケードボードの技

てきすと

こんなトリックだ!!

現在、人気のあるトリックのひとつがこのKグラインドです。

b/s K GRIND同様にトラックのかけ方が独特で、カーブに対してトラックのハンガーを斜めに掛けるのが特徴です。

これができれば中級レベルに突入です。

トリックメイク時の連続写真−スケボー/スケードボードの技

f/s Kグラインド上:スケボー/スケードボード

f/s Kグラインド中:スケボー/スケードボード

メイクの最重要ポイント

ノーズ側のトラックでカーブを押さえ込む!

このトリックはf/sノーズ・スライドとf/sノーズ・グラインドを掛け合わせたようなものです。ノーズ側のトラックでカーブを押さえ込み、デッキを斜めに傾けます。視線は進行方向を向いたまま、身体はf/sノーズ・スライドのように後ろ向きに進みます。カーブ上でボードコントロールが問われます。

アクションの確認

1.スタンス

オーリーと同じです。前足はカーブ上に移動させやすいようにつま先を浅めに置きます。

2.エントリー

カーブの高さまでオーリーして、前足はノーズグラインドのようにトラックでカーブを押さえ込みます。後ろ足は添えるだけでOK。顔は前方を向きましょう。

3.グラインド

トラックがカーブから外れないようにつま先でノーズを押さえ込みます。

4.アウト

ノーズグラインド同様、カーブの切れ目に到達したら、ノーリー(オーリーの逆)するように軽くノーズを押し出して、デッキの向きを縦に戻しましょう。

ミニアドバイス

「ノーズ側のトラックが上手く掛からず、カーブ上のウィールが乗ってしまう」場合、それは必要以上にカーブに近づき、必要以上に高いオーリーをしているためです。ある程度、カーブと間隔を取り、ほどよいオー理で掛けるようにしましょう。

▲ TOPへ戻る ▲