フロントサイド・フィーブル・グラインド (f/s FEEBLE GRIND)トリック−スケボー/スケードボードの技

てきすと

こんなトリックだ!!

「FEEBLE」とは、”弱い”または“力のない”といった意味を持つ言葉です。

そのような語彙(ごい)とは正反対に今日、このトリックはハンドレールやミニランプなどあらゆるセクションでパワフルに多様化されています。

トリックメイク時の連続写真−スケボー/スケードボードの技

f/s フィーブル グラインド上:スケボー/スケードボード

f/s フィーブル グラインド中:スケボー/スケードボード

メイクの最重要ポイント

レール上ではかかとに重心を置く!

このトリックで重要な点は、重心をレールの上でかかと側に置くことです。重心がレールをまたいで向う側に行きましたら、グラインド時、デッキの形はb/sスミス・グラインドと同じになってしまいます。そのようにならぬよう、デッキをかかと側に傾けることが重要です。

アクションの確認

1.スタンス

前足は親指の付け根をデッキの中心線上に置きます。後ろ足はテールを蹴りやすい位置に置きましょう。

2.エントリー

オーリーしたらテール側のトラックに全神経を集中させます。テール側のトラックをレールの角に引っかけましょう。

3.グラインド

前足はレールの向こう側に突き出し、重心は後ろ足に置いたままデッキを前方に押し出します。

4.アウト

グラインド時の状態よりさらに後ろ足を前に押し出します。その動作によりノーズが浮きスムーズはアウトが可能になります。

ミニアドバイス

「後ろのトラックがレールに掛からず、f/sボード・スライドになってしまう」場合、エントリー時、オーリーするポイントがレールから離れすぎているからだと思います。デッキ1個分くらいの間隔からアプローチしてみましょう。

▲ TOPへ戻る ▲