てきすと

F/S 180(フロントサイド・ワンエイティー)の練習方法−スケボー/スケードボードの技

オーリーをした後にお腹を進行方向へ向けて半回転するトリック(技)です。

ちなみに背中を進行方向へ向けて半回転させるトリック(技)をB/S 180 (バックサイド・ワンエイティー)と呼びます。

トリックメイク時の連続写真−スケボー/スケードボードの技

180上:スケボー/スケードボード

180中:スケボー/スケードボード

180下:スケボー/スケードボード

ステップ1 正しいスタンス

前足はデッキから少しつま先を出しておきます。

こちらも基本的にはオーリーのスタンスと同じですが、フリップと同じく違う場所はノーズ側の足の位置です。F/S 180(フロントサイド・ワンエイティー)の場合は、オーリーの時よりもデッキから少しだけつま先を出しておきます。これでフロントサイドへデッキをリードさせやすくなります。

つま先を出し過ぎるとオーリー足ができなくなります。シューズの先が少しデッキからはみ出るくらいがベストな位置です。

ステップ2 デッキコントロール

テールを蹴りながら前足でデッキをリードしましょう。

しっかり180度回るために、上半身を開きながらテールを蹴ります。そのときノーズ側の足は、つま先でデッキのサイドを引っかけるようにしてデッキをリードしていきましょう。つまりオーリー足をしながらデッキをコントロールすると言うことです。デッキからつま先を出したスタンスは、このコントロールをやりやすくするためです。

前足でスムーズにデッキをコントロールしていきます。上半身を開くテールはしっかり真下に蹴りましょう。

ステップ3 上半身の動き

空中での上半身は進行方向に向いたままを意識しましょう。

テールを蹴りながら開いた上半身は、着地するまで進行方向に向いたままの状態をキープしましょう。これは180度の内、90度まで上半身を使って回り、90度以降はデッキを先行させて回るためです。身体をひねりすぎると空中でバランスを崩してしまいます。跳んだ瞬間に身体を開いたら、その体勢のままデッキをコントロールしていきましょう。

テールを蹴ってからデッキが着地するまで、上半身、特に顔は進行方向を向いたままになっていることに注目しましょう。

ステップ4 ベストタイミング

ピークの高さで半分(90度)を回りきりましょう。

180(ワンエイティー)のベストタイミングは、跳んだ高さがピークになった時点でちょうど90度回っていることです。早すぎると着地までに180度以上回りすぎてしまいますし安定しません。逆に遅いと180度回りきることができません。まずは90度回る気持ちで跳び上がりましょう。

ピークで90度になったら、後はデッキを先行させて90度周り着地するだけです。タイミング良く180度回りましょう。

ステップ5 完璧な着地

180度回りきって着地するのがベストです。

デッキが180度回らずに着地すると、パワースライド状態になりスピードが落ちてしまいます。しっかり回りきってから着地しましょう。着地時はノーズ側に体重がいきやすいので、重心はデッキの中心に置くようにしましょう。

着地後は進行方向をしっかり向くようにしましょう。スタンスがメインと逆になるので、フェイキー(グーフィー)も慣れておきましょう。

▲ TOPへ戻る ▲