てきすと

キックフリップ(KICK FLIP)の練習方法【応用編】−スケボー/スケードボードの技

キックフリップはどこでもできる回し技の基本トリック(技)です。ストリートでやっても目立つ上にかっこいいです。

キックフリップ練習応用 その1

まずはフリップ足の使い方を覚えましょう。

これはデッキを回転させる足の形を作る練習です。デッキを蹴った瞬間にテール側の足はデッキから降ろして、ノーズ側の足の動きに集中します。この足の動きをマスターしてデッキが身体の真下で1回転するようになれば、先が見えてきます。

キックフリップ練習応用 その2

何かにつかまって身体の下でデッキを回してみましょう。

何かにつかまって板に乗る練習をしてみましょう。最初は板が回っても身体が浮きにくいのです。どうしてもフリップ足ばかりに意識がいってしまい、テール側の足が上がってこないのです。したがって、何かにつかまりながらしっかり跳んで、長い滞空時間の中で板が回りきるタイミングを身体で覚えましょう。

キックフリップ練習応用 その3

転倒しても大丈夫な芝生の上で自信を持って挑戦してみましょう。

オーリーと同じで、最初は転ぶことを恐れてなかなか跳べません。でも芝生の上だとコケても痛くないので安心感があります。ビビらずに乗りに行けると思います。自信を持って跳べますし、ここでしっかりデッキの上に乗ることができると、フラットで滑りながらでもメイクできるはずです。

キックフリップ(KICK FLIP)の特徴−スケボー/スケードボードの技

エアキャッチを決めよう!

ちょっとした段差ですとフラットと同じ感覚で跳べますが、滞空時間は少し長くなります。空中で余裕ができるので、板の回転も見やすいですし、エアキャッチもやりやすいです。ストリートによくある小さな段差でも、普通に降りるよりフリップで降りた方がかっこいい!

バンクでフリップフェイキーを決めよう!

ストリートでバンクを見つけたら、とりあえずフリップに挑戦してみよう。角度があったりフェイキー(グーフィー)で戻ったりするのは慣れるまで難しいですが、なかなか絵になるのでやってみましょう。バンクの一番高いところで板を回せば、かなり目立つこと間違いありません。

フリップからマニュアルへ

これはマニュアルができるようになってからの話ですが、フリップからのマニュアルは結構楽しいです。メイクできるようになれば、マニュアル台のあるスポットでヒーローになること間違いなし。ちなみにこれができる頃には、フリップもかなり上達しているはずです。

▲ TOPへ戻る ▲