てきすと

オーリー(OLLIE)の練習方法−スケボー/スケードボードの技

オーリーはスケートシーンにおいて革命をもたらした歴史的トリックです。

ストリートスケートになくてはならない王道トリックであり基本中の基本です。

といっても奥が深いトリックでもあります。とにかくデッキになれたらまずはオーリーをしよう。

トリックメイク時の連続写真−スケボー/スケードボードの技

オーリー上:スケボー/スケードボード

オーリー中:スケボー/スケードボード

オーリー下:スケボー/スケードボード

ステップ1 正しいスタンス

テールの先端とノーズ側のビスの内側に足を置きましょう。

オーリーのスタンスはプッシュするときのスタンスより両足の間隔が狭くなります。自分の肩幅くらいに足を広げ、後ろ足はテールの先端に、前足はノーズ側のビスより内側へ置きましょう。このスタンスを覚えたら、そのまま腰を落としてしゃがみ込む練習をしましょう。

テール側の足は親指の付け根がテールの中心にくるように置きます。この位置がずれていたら真上に跳ぶことができないので注意しましょう。

ステップ2 テールの蹴り方

親指の付け根でテールの中心を勢いよく真下に蹴りましょう。

テールを蹴る強さはそのままオーリーの高さに繋がります。しゃがんでタメを作った状態から、テール上にある足の親指の付け根でテールの中心を思い切り真下に蹴りましょう。テールが地面を弾く音がして、ノーズが真上にあがってくれば成功です。蹴った足はそのままにしないですぐに引き上げましょう。

テールを蹴る角度はそり上がったテールの角度に垂直です。進行方向側へ跳び出す感じになるはずです。

ステップ3 オーリー足の使い方

足を寝かせてデッキを引っ張るように擦り上げます。

テールを蹴って跳ね上がるノーズを、そのままグイって擦り上げる足をオーリー足と言います。ノーズ側のビスの内側にあった足を外側へ寝かせると同時に、ノーズの先をめがけて一気に擦り上げましょう。ここで重要なのはテールを蹴った足とのタイミングです。成功すればデッキと一緒に宙を浮くはずです。

デッキを擦り上げる部分は小指の付け根付近です。つまりスケートシューズで言うオーリーガード部分になります。

ステップ4 空中でのスタイル

腰を引いて両膝を胸に付ける気持ちで両足を思い切り上げましょう。

このステップがオーリーの高さを出す鍵になります。両足を引き上げるため腰を引いて、膝を胸に付ける勢いで両足を高く上げましょう。膝を高く上げるほどオーリーも高く跳べるようになります。しかし注意したいのは空中でのバランスです。デッキを見ようと下を向いていると身体が傾いてしまいます。デッキは常に身体の真下にあるように意識しましょう。

ピークの高さでデッキを進行方向へグイッと押し出せば、テールが引き上がりさらにデッキが高く上がります。

両足同時に着地して膝を曲げて衝撃吸収。

着地が失敗したらどれだけ高く跳べても意味がありません。両足を同時に、さらに詳しく言うと4つのウィールで同時に着地できるようにしましょう。着地後は膝を柔らかく使用して着地の衝撃を和らげ、デッキ上でバランスを保持しましょう。

着地時のスタンスはエントリー時よりも広め、両足ともビスの上に置けば、もっとも安定した着地が可能です。

▲ TOPへ戻る ▲