ハンドレール(HANDRAIL)トリック(技)のアドバイス−スケボー/スケードボードの技

てきすと

こんなトリックだ!!

安全性を高めるものがスケートボーダーにとってもっとも危険なセクションに変わる!

ハンドレール(HANDRAIL)を攻略するポイント

レールを覚えるコツ

普通のボードスライドや基本的なトリックが無難ですが、どのトリックを最初にというものはありません。ハンドレールは技術云々ではなく勢いだと思います。ノリが大切です。

レールの練習法

最初はスケートパークのレールで練習することです。パークというものはスケートボードをするために作られたものです。したがって低いものから高いものまで色々あります。レールの感触を覚えやすいといえるでしょう。しかし、ストリートのハンドレールは、自分がレールの高さや長さに合わせなければなりません。そこは難しいですが魅力のひとつだと思います。

ビョウ付ベルト

ビョウのついたベルトは転倒したときに痛いように見えますが、そのようなことはありません。腰から落ちたとき固いビョウの部分で地面を滑ることができますので、逆に身体を守ってくれる感じです。ちょっとしたプロテクターの代わりになります。Tシャツの裾はぼろぼろになってしまいますが……。

レールをマスターする近道

一人で練習しないで友達と一緒に練習しましょう。「あいつがやったなら俺も」「どっちが先にメイクするか勝負するぞ」など、お互い相乗効果にもなると思います。ハンドレールをマスターするには良い手段だと思います。

恐怖を克服するための3つの心得

  1. 逃げずに勢いとノリでいこう!
  2. 一緒に練習する友達を探そう!
  3. 無理しない。でも無理も必要!

ミニランプ(MINIRAMP)トリック(技)のアドバイス−スケボー/スケードボードの技

ストリートスケートのボードコントロールとバーチカルの浮遊感が生み出した最高傑作!

ミニランプ(MINIRAMP)を攻略するポイント

初めてのR

今の若い連中は技から入る感じでいきなり派手なトリックをしたがります。もっとベーシックにフェイキー、フロントサイドキックターン、バックサイドキックターンなどといったベーシックなものを何度も練習し、まず自分の身体をRに慣らすことが大切です。

Rに慣れるコツ

いきなりドロップせずに、ランプのボトムからRに入りキックターン、フェイキーと徐々に身体を慣らしていきましょう。それができましたら、リップからドロップしてみましょう。それで向う側のリップでロックンロール・フェイキー(インターフェイキー)でデッキの腹部をコーピングに当て、そのままフェイキーでRを下ります。それを何度も繰り返すことがRに慣れる秘訣です。

限られたセクション

ミニランプはストリートセクションと違い限られたところにしかありません。目当ての場所に上手な人がいると、初心者は中に入っていけないことが多いと思います。しかし、上手下手は関係なく、みんなで楽しんで滑っていますので、その中に混じってどんどん滑りながら上手な人の技をぬすんじゃいましょう。

恐怖を克服するための3つの心得

  1. とにかく身体をRに慣らそう!
  2. Rに慣れた自分に自信を持とう!
  3. フェイキーは単純に戻るものと考えよう!

▲ TOPへ戻る ▲